公演情報一覧

愛と死を抱きしめて

幸福な時を、ノスタルジックに描くメロドラマ

愛と死を抱きしめて

プロジェクト顧問でもある、劇団青年座所属・高木達が脚本と演出を手掛けた作品。


震災から4年。団結を強めたメンバーの熱意とプロの劇団の役者3名の洗練された演技力を合わせ、1ランク上を目指した。

tokino_flyer

「 愛と死を抱きしめて 」

作・演出 高木 達

2015年11月7日(土)・8日(日)

チームスマイル・いわきPIT

あらすじ

原発事故の帰還困難区域の片隅に、かつて小さな集落があった。

昭和39年、高度成長を続ける日本。その豊かな生活から置き去りにされた東北の寒村で、夢を抱いて暮らす一人の少女。

少女は都会から来た青年と出会い、恋を知る。そして人生で最高の日を迎えたのだが・・・

描かれるのは、貧しい土地でたくましく生きる人々の姿。

そこに暮らす人々の心がどんなに豊かであったか、乏しい物資をやりくりしながら生活を支え家族を築く女性達は、どのように輝き愛情豊かで絆に満ちていたか。そして、何がそれを奪ってしまったのか。

幸福な時を、ノスタルジックに描くメロドラマです。

写真ギャラリー

 

  🙂 特別出演! 🙂 

プロの俳優3名が参加しました。

★劇団青年座 田中耕二さん

★劇団青年座 石井 淳さん

★クィンビー 坂本 文子さん

ページ上部へ戻る