設立の経緯

2011年3月

放射能汚染によって
いわき市の若い演劇人が他県に避難、
各劇団は公演不能に陥った。

市民も見通せない将来に怯え、
いわきは閉鎖的で活気のない街になっていた。

当時、劇団青年座の高木達は、
津波で被害を受けた家を修復するため、
いわき市に通っていた。

彼は、

今こそ演劇が市民に寄り添う時だと思った。

いわきの演劇人を育成し、
疲弊した市民に良質な演劇を提供する。

この2つの趣旨に賛同した地元の竹田一行とともに、
「ITPいわき演劇プロジェクト」を設立した。

団体概要 広報ブログ メンバー紹介 上演作品

ページ上部へ戻る