ブログ

【ドラマリーディング かあちゃん】役者紹介⑭黒澤 彩さん

「ドラマリーディング かあちゃん」公演終了から気づけば、もう3月。

まさにライオンのような天候が続いておりますが皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

ブログの更新も約三週間ぶり(;^ω^)

ご来場・ご支援くださった皆さま、並びに関係してくださった皆様。ありがとうございました。心より御礼申し上げます。公演終了後のアンケートも、さまざまな反響をいただきました!感想やご要望を、今後もITPの活動に反映させていただきたいと思います。

さて、タイトルを見てお気づきの方もいらっしゃいますでしょうか。実は出演者の紹介で、1人まだ紹介されていない方が!いたのです!!

共演者の方々へのインタビュー形式で、稽古場日誌を更新していた「黒澤彩さん」です。

公演終了後だから聞けた事。早速、インタビューおば。

―ITPいわき演劇プロジェクト2作品目の出演となりましたが、感想は?-

ITPは劇団ではなく、企画ごとにメンバーが変わる形式なので、毎回様々な出会いがあって楽しいし勉強になります!

高木さんの演出が受けられ、稽古場にも劇場にも恵まれ、演劇をやるのに最高の環境だと思っています!!

―ドラマリーディング公演はいかがでしたか?ー

言葉だけで世界観を伝えるためには、想像の世界を本当にリアルに作らなきゃいけないし、役者間でその世界観をしっかり共有しないとバラバラになってしまうし、とっても大変でした。

動きのある芝居だと、実際にやってるのが見えるので役者間でもお客様でも、舞台上で何やってるか分かるじゃないですか。でも、リーディングだとそれができないのが大変で。ついつい顔で表現してダメ出しされてました(笑)

―出演者へのインタビューを通して、感じたことは?-

みんなそれぞれ難しい!って言ってましたね。

みんな同じこと言うのに、あんまり稽古場で悩んでるのを見せてる人いなかったなーって。

みんなお仕事しながらなのでなかなか難しいんですけど、もっといろいろ話し合う時間があったら良かったのかな、と思います。せっかくの俳優養成塾ですし(笑)

―ITPいわき演劇プロジェクトに対して期待する事があったら教えてください-

演出にも劇場環境にも、そしてなによりお客様に恵まれている団体だと思います。なので、ITPの活動をもっともっと活性化させ、いわきの演劇人口(観劇側も役者側も)を増やし、ITPがいわきの皆さんの娯楽の一部として欠かせないものになればいいなぁと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る