ブログ

【ドラマリーディング かあちゃん】役者紹介② 橋本 ひとしさん

皆さんこんにちは!ITPの黒澤です^ ^

今回は、先週末にアリオスで劇団公演を終えたばかりの、劇団いわき小劇場所属、橋本ひとしさんを紹介します!

先週末の公演では、演出をされていましたが、「かあちゃん」では、お勝一家の長男、市太役で出演されます。

それでは早速、質問コーナーにいってみますo(^-^)o

ーーー橋本さん、今回の意気込みをお願いします!

意気込みですか。
特にないんですよね。というのは私の演じる役は物語の発端を作るんですが物語に推進力を持たないキャラクターなのです。だから気負わず焦らず、周りにいる家族たちを包み込めるようなキャラクターでいようかなと。
でも、それを『声』だけで演じるんですよね。大丈夫かいな?(笑)

ーーーそう、今回はドラマリーディングなので、普段身体を動かして伝える部分も、声だけで伝えなくてはいけないんですよね。難しい!!

ーーーでは次の質問です。

橋本さんのお母様はどんな方ですか?

私自身のかあちゃん。
今回のかあちゃんとは真逆の人です。何に対しても口を出さず、穏やかで怒ったところを見たことがありません。
遠いところからたった1人で嫁に来て、盆暮れ正月も実家に帰らず、ただただ家族のために生きた、すぎもとまさとの『吾亦紅(われもこう)』のような女性です。まだ生きてるけど。あと、俺、来月離婚しないし(笑)

 

ーーーありがとうございます(^_^)

役を通していろいろな母親の姿と向き合えるのも、芝居のステキな部分だなぁと思っております。

実は役者では、橋本さんの他にもう一方、劇団いわき小劇場から「かあちゃん」に出演される方がいるのですが。。

続きはまた今度!お楽しみに☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る