ブログ

【愛と死を抱きしめて2017】6月8日稽古場日誌:出雲三和さん

前回の稽古場日誌に続き、今回もITP初参加の「出雲三和」さんから日誌をいただきました。

出雲さんは劇団いわき青春座に所属し、地元のラジオや司会など、多方面で活躍されています。

仕事・家庭と多忙な中でも、芝居に取り組む素晴らしいバイタリティ!とはいえやっぱり、稽古は地道な積み重ね。

出雲さんの頑張っている様子が、ヒシヒシと伝わってきます。是非皆さま、応援お願いします!

 

*******************************

 

今日は幕開け、一場からの練習でした。

先週から、役者は脚本を離しての練習です。

脚本を離せば「どう動くか」ということも体感で覚えやすくなります。

高木先生の演出にも熱が入り、納得の出来まで一つのシーンをやり直し。

こうやって、より良い芝居が少しずつ仕上がっていくのだろうと思いました。

『鼻くそお笑い三人組』の弾けるような演技と『おばちゃんトリオ』のテンポがピタッと合えば、きっと観客の皆さんも幕開けから楽しめるはず!

頑張ります‼

  • 【愛と死を抱きしめて2017】6月8日稽古場日誌:出雲三和さん はコメントを受け付けていません。
  • 広報宣伝, 愛と死2017
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る