ブログ

【愛と死を抱きしめて2017】4月13日稽古場日誌:黒澤彩さん

いろはにほへと ちりぬるを。桜の散る花びらもまた美しいですね。ITP事務局です。

お花見を満足にできなかったので、今年の桜が散る様がひときわ寂しく感じています…が!

今回の稽古場日誌(*^▽^*)初お目見えの黒澤さんが書いてくれました。うれしいぃ~

名前からすでに艶っぽい「黒澤彩さん」。ITPには実は前回の「銀河鉄道の夜」からお手伝いに来て下さっています。

いろいろと、プロフィールをご紹介したいところではあるのですがそれはまた次回。

*******************************************

初めまして!ITP初参加、青木玉緒役の黒澤 彩です(^▽^)/

DSC_0035

今日は、読み合わせ稽古を早めに切り上げ、各々の役について擦り合わせを行う時間を取っていただきました。

最初は絡むシーンが多い役者同士で、この役はどういう役かを話し合い、そのあとで全員で、それぞれの役についての思いや、疑問などを出し合い、人物像の大まかな共有をしました。

DSC_0037

ITPに参加している皆さんは、様々な職業をお持ちの方が集まっているので、みんなで話し合っていると、物語の歴史的背景や、当時の暮らしぶり、村の考え方などいろんな視点からの意見が聞けて、とっても勉強になります。

稽古しながら、浜通りの歴史や文化も一緒に学んでいる気がします。

DSC_0036

今日の話し合いで得たことを取り入れ、一歩ずつ自分の役を深めていきたいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る